【日経賞】ウインマリリン優勝!21年はやくも3つ目の重賞制覇。




ウインマリリン

ウインマリリン

日経賞-G2に出走したウインマリリン(父スクリーンヒーロー)が牡馬を抑えて優勝しました。フローラS-G2以来の重賞2勝目を飾っています。

これで天皇賞・春-G1の優先出走権を獲得。牡馬のオーソリティ(父オルフェーヴル)と共に初G1制覇を狙います。

昨年末〜3月にかけて古馬重賞級がごっそり引退し、21年は厳しいかと思いましたが、若い出資馬が頑張ってくれました。

シンザン記念-G3ピクシーナイトが、スプリングS-G2ヴィクティファルスが、日経賞-G2ウインマリリンが制し、21年はやくも3つ目の重賞制覇となりました。

横山武史騎手 状態は前回も良かったですし、同じくらいの状態だったと思います。前回が馬場が緩くなってしまって力を出し切れませんでしたが、今回も馬場の内側は掘れていて、決していい馬場ではなかったんです。それでも、4コーナーは思い切ってインを付きました。得意の軽い馬場ではない中、凌ぎ切ってくれたのはこの馬の能力の証です。初重賞を獲らせてもらった馬ですが、最近はいい騎乗ができていなく、今日は勝たせてあげることができて本当に嬉しいです。ありがとうございました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ