【高松宮記念】勝てないインディチャンプ・・・クビクビの3着。




インディチャンプ

インディチャンプ

高松宮記念-G1に出走したインディチャンプ(父ステイゴールド)はクビクビの3着。実力はあるものの、どこへ出走しても勝てません。

今のJRAだとアーモンドアイグランアレグリアなど、世界的にもトップレベルの馬に先着しないとG1を勝てません。

インディチャンプは一昨年マイル春秋制覇を成し遂げ、昨年は距離延長して通用せず、今年は距離短縮しましたが、2階級制覇とはなりませんでした。

ほんとレベルが高いというか、層が厚いというか・・・なかなか勝てませんね。

音無秀孝調教師「体も絞れて良い状態で臨むことが出来ましたし、3着に敗れたものの1,200m戦でも期待通りの走りを見せてくれましたね。最後は内外の馬場の差もあったと思いますし、併せる形ならもっと際どい勝負になっていたでしょう。レース後、福永祐一騎手にどうだったか確認したところ、『ポンと飛びだすようにゲートを出ましたが、モタつくこともなくすぐ二の脚がついて流れに乗っていくことが出来ました。最後の直線ではうまく抜け出すことが出来ましたが、上位2頭とは内外の馬場の差かな。でも、馬場が悪い中でもよく頑張って対応してくれましたし、力を示してくれたと思います』と話していました。ダノンスマッシュとレシステンシアの決め手に屈したものの、馬場が良ければそのまま凌いでいたかもしれませんし、初めての1,200m戦としては決して悲観する内容ではありませんでした。この後につきましてはトレセンに戻って状態をよく確かめたうえで相談させていただきたいと思います」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ