今年のシルク募集馬、出来が悪い、外れ年との声?




ヘアキティーの18
ヘアキティーの18

新馬8連勝のシルクホースクラブから2019年度第1時募集馬が発表されました。カタログ・DVDも到着。

早速さらっと動画を確認しました。いくつかのレビューサイトやブログ・YouTubeでは、今年は出来が悪い、外れ年との声が。

私も同感ですが、前向きに行きましょう。

シルクはそもそもサンデー・キャロットに比べると、血統レベルが低いです。※それでも非ノーザンよりは良い。

シーザリオトゥザヴィクトリーのようなスーパー繁殖も不在。

10年以上経って、今募集されている良血牝馬が繁殖入りすれば、シルクの血統レベルも自然に上がるはず。

たまたま15年産が良過ぎただけで、普段のシルクはこんなもんだと思います。

全体的に見ると、牝馬のが可能性のある募集馬がちらほら。牡馬はどれ選んで良いのか悩みますね。まず欲しいのが居ない。

いっそのこと牡馬は非ノーザン生産のトゥアーニーの18(父フランケル)に行こうかと思ってます。

牝馬はノーザンF生産馬から。初年度産駒と2年目産駒を中心に選ぶ予定。

1人気は難しいところですが、厩舎人気でヘアキティーの18(父ディープインパクト)あたりでしょうか?

牝馬4頭くらいに集中しそうな予感。

ヘアキティーの18と初年度産駒・2年目産駒の牝馬です。牡馬は人気含め良くわからないですね。絶対欲しいってのが居ません。

厩舎人気でシーイズトウショウの18とかアーデルハイトの18あたりが人気か?

キャロットのラインナップを見ると当たり年になりそうですし×1もあり。とにかく前向きに行きます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ