シルク第1次募集、字面段階の最注目馬は?




半兄リアンティサージュ
半兄リアンティサージュ

シルクは今週カタログ発送ということで、同時にHPに画像や動画が公開されそうです。

字面段階での最注目馬は◎ローブティサージュの18・牡(父ハーツクライ)栗東・須貝厩舎 7,000万円です。

ノーザン系クラブなら第1に種牡馬入りする馬を狙いたいところ。

出資馬のインディチャンプ(父ステイゴールド)は順調なら種牡馬入りの可能性が高いでしょう。

インディチャンプは近親にリアルインパクトがいますし、父ステイゴールドも死亡しており、貴重なG1ホースです。

ステイ×マックやフェノーメノなどの長距離砲と違うタイプで、ステゴ産駒特有の脚の回転の速さも備えており魅力的。

やはり近親にG1馬や種牡馬がいた方が、種牡馬にれる可能性が高まります。

母ローブティサージュは近親にヴィクトワールピサがおり、自身も2歳牝馬チャンピオンです。

気性が荒過ぎて即セン馬というリスクもありますが、母系の爆発力は魅力的です。また、気性の荒い馬が得意な須貝厩舎なのも心強い。

もちろん実馬をみて好みじゃ無ければパスしますが、出来が良ければ1番に勝負したい馬。字面段階の大本命。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ