ギルデッドミラー貴重な2勝目




ギルデッドミラー貴重な2勝目

阪神6R3歳1勝クラスに出走したギルデッドミラーが待望の2勝目。父オルフェーヴルの影響か、難しいところのある馬ですね。

そのオルフェ産駒の牝馬ラッキーライラックを活躍させている松永幹夫厩舎+気難しい馬に丁寧に乗ってくれる福永騎手だったのが幸い。

今日は楽勝だったこともあるが、危なっかしくて鞭を入れられなかったとも捉えられます。さらなる成長に期待したいですね。

松永幹夫調教師「おめでとうございました。競馬場に到着してから返し馬を終えるところまで、とても落ち着いていましたし、レースでもジョッキーが上手く競馬をしてくれましたね。福永祐一騎手に感触を聞いたところ、『距離が1ハロン短くなってレースはし易かったですが、前走と比べるとハミが抜けるところがありましたし、レース運びも上手になっていましたね。脚が溜まっていたことで、最後の直線では力の違いを見せてくれました。乗り難しいところがありますが、競馬を覚えていけばもう少し距離が延びても対応してくれそうです』と言っていました。相手は決して楽なメンバーではなかったですし、時計も速かったことを考えると、上のクラスでも楽しみですし、ペースが速くなる分レースがし易くなるのではないでしょうか。まだ成長途上の馬ですし、大事に育てていけば先々はもっと良いパフォーマンスを見せてくれると思います。続けて出走させたこともありますし、トレセンで状態を確認した後は一旦放牧に出そうと思います。次走の予定につきましては、牧場で状態をしっかり確認しながら検討させていただきたいと思います」

シルク公式HPより
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ