【芙蓉S】オーソリティが快勝、次走は京成杯(G3)か?




オーソリティ 芙蓉S
オーソリティ 芙蓉S

2歳オープン芙蓉Sに出走したオーソリティが快勝。次走について木村調教師は「成長に合わせて」というコメント。

年明けの京成杯(G3)あたりかと思いますが、何れにしても放牧先での状態次第ですね。早めに重賞制覇してクラシックに乗って欲しい。

池添謙一騎手「今日は気が入りすぎてパドックでも鳴いていましたし、馬っ気も出していました。ただ、レースでは煩いところ見せず、このペースでもしっかり折り合いがついており、良い競馬が出来たと思います。それに、初戦は緩さが有りましたが、1度レースを使ったことで引き締まってきましたね。前走の経験を活かしてくれてはいるものの、まだ4コーナーで外に張るようなところもありましたから、その点が課題でしょうか。後は血統的に気が入りやすくなりそうなので、今日より酷くなると心配です。まだまだ心身共に良化の余地がありますから、これから先が更に楽しみになりました」

木村哲也調教師「好スタートを切りましたが、逃げたくはないなと思っていたので、池添騎手が良いポジションを取ってくれました。道中はスローペースでも掛かること無く、折り合いは問題ありませんでしたね。ただ、初戦と比べてもテンションが高く、レース前の気持ちの高ぶりは今後も気を付けないといけません。それでも、初戦と同様に楽に勝ちきってくれましたし、成長の余地を残す中でこれだけ走れるのですから、先々が楽しみですね。距離はもっと延びても大丈夫だと思いますよ。中間にソエが出るなど、本格化してくるのはもっと先でしょうから、今後も無理のないよう馬の成長に合わせてレースを使っていければと思います」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村・馬主一口馬主へ