シルク2018ツアー前段階の結論!申し込み予定馬全13頭(関東6:関西7)の詳細レビュー。




今年は価格4000万円以下に限定しました。必然的にディープ産駒は外れてしまいますが、ここはサンデーRじゃなくてシルク。毎年アーモンドアイ級を狙うより、安価で地味にローカル1000万条件特別を走るような仔を狙いたいところ。価格の制限を設けたため、ほとんど牝馬になりました。全13頭(関東6:関西7)軽くレビューしときます。

牡馬3頭:生まれ順
11.ロザリンドの17(父オルフェーヴル)木村 哲也 4000万円
生まれ2月12日 管囲21.3 体重474
コメント:寝つなぎ。前に進むかどうか心配。厩舎もG3止まりの印象。祖母シーザリオ。一応いっときます。

41.シーイズトウショウの17(父ジャスタウェイ)池江 泰寿 4000万円
生まれ3月31日 管囲20.2 体重444
コメント:左前の曲がり具合が父にそっくり。胴長で母のイメージなし。距離は持ちそう。いかざるを得ない。

47.ベッラレイアの17(父オルフェーヴル)中内田 充正 3500万円
生まれ4月20日 管囲20.5 体重418
コメント:上がまったく走っていないが、欠点少なく怖い存在。能力無ければそれまでだが、能力あったら発揮可能な馬体と陣営。一応いっときます。

牝馬10頭:生まれ順
18.アドマイヤセプターの17(父エピファネイア)木村 哲也 3500万円
生まれ1月23日 管囲20.0 体重456
コメント:馬体の完成度高い。気性は心配。早期デビューに期待。厩舎はG3止まり。祖母アドマイヤグルーヴ。これは普通いくでしょう。

12.アイムユアーズの17(父オルフェーヴル)藤沢 和雄 3500万円
生まれ2月7日 管囲20.0 体重460
コメント:藤沢厩舎は常に優先。十分なサイズ、血統も良し。走って欲しいですね。

57.レスペランスの17(父スクリーンヒーロー)石坂 正 2000万円
生まれ2月7日 管囲20.1 体重420
コメント:良血なので一応。少なめの口数でいきます。厩舎は落ち目。

25.ウルトラブレンドの17(父ヴィクトワールピサ)中川 公成 1500万円
生まれ2月15日 管囲20.0 体重455
コメント:上2頭がデビュー出来ず。この価格なら一応いっときたい。

16.アコースティクスの17(父キンシャサノキセキ)武市 康男 2000万円
生まれ2月17日 管囲19.5 体重431
コメント:能力無ければ走りませんが、体型は良し。マイナー厩舎。体型からは短距離ですね。少しだけ。

46.タイタンクイーンの17(父オルフェーヴル)松永 幹夫 3500万円
生まれ2月19日 管囲19.4 体重464
コメント:血統良し、馬体良し。何も注文ありません。これは当然いきます。

39.マンビアの17(父ハーツクライ)西村 真幸 2800万円
生まれ2月27日 管囲19.1 体重460
コメント:管が細いですね。それ以外は良し。チアズを除くと、管が細いのは新人orマイナー厩舎ばかり。

31.シャンボールフィズの17(父モンテロッソ)武藤 善則 1200万円
生まれ3月20日 管囲19.7 体重408
コメント:社台RHみたいな募集馬。動きは良く、1勝出来るかも。厩舎はマイナー。この価格なら。

45.チアズメッセージの17(父ロードカナロア)藤岡 健一 3500万円
生まれ4月9日 管囲19.0 体重418
コメント:管が細いのが残念。厩舎が良いのでいきます。

51.モンローブロンドの17(父ルーラーシップ)斉藤 崇史 2500万円
生まれ4月20日 管囲19.5 体重412
コメント:まあ母モンローブロンドですから。いかざるを得ないですね。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ