ブラストワンピース毎日杯(G3)優勝!この後はダービー直行か?インディチャンプは引っかかって3着まで。




ブラストワンピース 毎日杯
デビューから2戦、かなり強い競馬をしていたブラストワンピースが毎日杯(G3)を優勝しました。初めての「輸送+右回り」でしたが、ソツないレース運びで完勝しました。直線で内ラチに突っ込んだものの、無事なら次走はダービーのようです。

ロードカナロア以来、久しぶりに手応えのある馬なので、無事なら将来が楽しみ。インディチャンプは引っかかって抑えて4角最後方と、若さ(ステイ産駒らしさ?)を見せましたが、最後は良く追い込んで3着に入線。これもマイルまでなら楽しめそうですね。

池添謙一騎手「今回は前走から600mの距離短縮となるので、その点をテーマとしてレースに挑みました。少しゲートの中で前掻きをするようなところはありましたが、いいスタートを切ることが出来ましたし、スッと行き脚も付いていい位置からレースを運ぶことが出来ました。道中の折り合いも特に問題なかったですし、いいリズムで進められたと思います。直線で内ラチにぶつかってしまったのは僕の反省点であり申し訳ありませんでしたが、馬はゴーサインに応えてしっかり脚を伸ばしてくれました。今後のことを考えて、最後まで気を抜かせないように気合いは入れていましたが、直線は一発鞭を入れただけで2馬身差を付けて勝ってくれたのですから強かったと思いますし、内容・結果ともに言うことはないと思います。この先の大舞台に向けて賞金を加算できたのは良かったですし、あとは無事に本番を迎えたいですね」

大竹正博調教師「結果的に前走からの増減はなかったのですが、トレセン出発時に比べると10㎏ほど馬体重が減ってしまっていました。初めての関西への輸送でしたし仕方のない部分ではあったと思いますが、その点は今後に向けて課題と言えるかもしれません。パドックでは少し気が入っていましたが、返し馬はスムーズに行えましたし、まずまずの雰囲気でレースに向かうことが出来たと思います。レース内容そのものに関しては言うことなかったと思います。直線で狭くなるところがありながら、怯むことなくよく脚を伸ばしてきましたし、力があるところを示してくれたと思います。直線で内ラチにぶつかった場面があり少し心配な部分があったのですが、上がりには特に異常は認められませんでしたし、スタンドから見た時は結構強くぶつかってしまったかなと思ったものの、パトロールビデオを見るとそこまで強くぶつかってはいないようでしたから、おそらく心配はいらないでしょう。この後はレース前にお話しさせていただいたように、皐月賞は見送ってダービーに照準を絞って進めていきたいと思っていますが、その前にいったん放牧に出してリフレッシュさせたいと考えています」

岩田康誠騎手「返し馬は前走と同じぐらいゆったり入っていけたので、そこまで折り合いを欠くとは思いませんでした。前走よりスタートが決まったことで、他の馬につられてしまい、そこから力んでしまって、宥めるまで時間が掛かってしまいました。あそこで同じように行ってしまうと、次のレースも折り合いが上手くいかないと思ったので、我慢させるために控えましたが、前に馬を置くと収まって走ってくれました。最後の直線も上手く馬群を捌き切れないところもありましたが、その中で最速の脚を使って差を詰めてくれたので、スムーズな競馬が出来ていれば十分差し切っていたと思うだけに、上手く騎乗できなかったことが悔やまれます」

担当助手「パドックではチャカチャカしていましたが、手が付けられないわけではなかったですし、返し馬ではゆったり馬場に入ることが出来ましたので問題はなかったと思います。前走よりスタートが良かったことで、初戦の時と同じように行きたがってしまった為に、ジョッキーが折り合いをつけるために位置取りを下げる形になってしまいました。途中から落ち着いて走ってくれていたので、何とか差し切ってくれないかと願っていましたが、最速の上がりで脚を伸ばしても3着がやっとでした。最後の直線も抜け出すのに時間が掛かってしまいましたし、最初から最後までチグハグなレースになってしまいました。スムーズな競馬が出来れば距離は対応してくれるのかもしれませんが、やはりリズムよく競馬をさせるなら1,600mが良いのかもしれません。悪くても2着に来て賞金を加算してほしかったところですが、こればかりは気持ちを切り替えていくしかありません。このあとはトレセンで状態を確認した上で、今後の予定を検討させていただきます」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ