今週は4勝の固め打ち!3歳馬サラキア、マイネルファンロンが秋に期待が持てる勝ち方。




土曜札幌8Rに出走したマイネルファンロンは、モレイラ騎手に決まった時点で勝てそうな感じでした。結果は2着に4馬身差をつけ、予想以上の完勝でした。4コーナーから直線は別馬のような走りで驚きましたね。ラフィアン15年産では、今のところ獲得賞金1位ですし、この仔は当たりでした。上のクラスに行っても上位争いを期待したいですね。

手塚調教師「休む前に比べて体がしっかりひてきました。背腰に力もついてきたように思います。肉体面での成長がうかがえて、すごく期待していました。その期待どおりのパフォーマンスを見せてくれてよかったです。ただ、名手が乗っても、前半、口を割る場面がありました。このクラスならそれでも押し切れますが、上へ行った際のことを考えるともう少しスムーズに走れるようになってほしいと思います。ともあれ、良い復帰戦になりました。今後は、ワールドオールスタージョッキーズの芝1800mを目指していきたいと思います」

日曜小倉9R青島特別に出走したサラキアも完勝。この仔は期待の高さから言えば物足りない成績。馬は良いものの、それだけでは活躍できないのが競馬。こういう馬で結果出さないと、いずれ干されるでしょうね。

北村友一騎手「相変わらず駐立が良くなくて、ずっと立ち上がろうとしていたので出遅れてしまいました。1コーナーまで距離のないコースですし、出遅れることはある程度想定していたので焦らずに進めました。この馬の力を信じて多少外を回ってもという気持ちで強気の競馬をしましたが、向こう正面で押し上げて行った時もガチッとハミを噛まずにコントロールが利きました。4コーナー手前で再びゴーサインを出した時の反応が素晴らしかったですし、直線は余裕がありました。今日は完勝ですし勝たなければいけないレースを勝ててホッとしています。距離はもう少し延びても大丈夫でしょうが、上に行けば行くほど少しのロスが結果に結びつくので、ゲートを互角に出られるようになるといいですね」

池添学騎手「これまでは調教を進めて行くと飼い葉があがることがありましたし、輸送で体を減らすこともありましたが、徐々にしっかりとしてきましたね。今日はボリュームのある体で出走できましたし、パドックでの雰囲気も良かったと思います。ジョッキーには脚を余さないように、強気に乗って欲しいとお願いしていましたが、その通りの騎乗で今日は勝つことができました。ゲートは課題としてありますが、練習してもすぐに良くなるものではないですし、追い詰めない方がいいでしょうから、今後も実戦で覚えて行ってくれればと思います。いったん放牧に出して、春には叶わなかったGⅠへの出走を目指してトライアルに向かいたいと思います」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ