1/100向きクラブはキャロット&シルクそしてウインだと思う。




2017年度の募集も個人的にはキャットCのみとなりました。全クラブ中もっとも良質な募集馬が集まるのがサンデーRかと思います。しかしながら1/40しか選択肢がなく、実績を積んでも希望馬は(良くて)1頭しか買えませんから、無駄も多い感じがします。

口取りはしやすいのですが、現役馬がいる間は抽選だけでいいかなと思っています。個人的に一番やりたいのが1/100出資なのですが、このくらいだとシルクで適度な実績になりますし、キャロットで2年に1頭でも悪くありません。これに不人気で買いやすいウインを加えるのが一番良さそう。

ウインとセットになっているラフィアンは、馬選びがとにかく難しいです。第1回早期募集からリープフラウミルヒをやっと引き当てましたが、これが続くとは思えません。1/400募集のためか若干の割高感を感じますが、相性も良くなってきたのでウイン1本で考えています。

維持会費「定額」クラブ(東サラ、グリーン、ロード)は小口向き

1/100でやる場合、維持費が実費ではなく定額のクラブは向きません。屈腱炎や骨折などで長期離脱し、牧場で休んでいる間でも高い維持費がかかります。引退をひっぱられて途中退会になった日には目も当てられません。ウイン・ライフィアンの場合には、維持費が実費なうえに個別放棄が出来るので、いつでも辞められるクラブ。大口になればなるほど、定額はリスクが高いと言えます。

2018年度は、

サンデーR→抽選
ウインRC
シルクHC
キャロットC→×取り

で行きます!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ