セダブリランテス新潟で地味にデビュー2連勝!アストラエンブレムまた惜敗・・・。




モンドインテロの弟セダブリランテスが、新潟・早苗賞で地味にデビュー2連勝を飾りました。父がディープインパクトからディープブリランテに変わった分、募集価格も半分2,500万円だったのでお得でした。さらに下は厩舎が変わったので見送りましたが、行けばよかったのかもしれません。今年はスクリーンヒーロー産駒の妹がいるので、募集されれば楽しみですね。手塚厩舎なら行きたいところ。期待したアストラエンブレムはクビ差2着に惜敗。気性の割に安定した成績がウリなので、相手が強くなっても上位争いを期待。

セダブリランテス 早苗賞
※写真はシルク公式facebookより。

石川裕紀人騎手「今日は久々だったからか、少し精神的に気負うようなところを見せていたので、返し馬はじっくりと行いました。レースを使ったことでガス抜きができて落ち着いてくれれば良いのですが、もしかするとより気が入ってくる可能性も考えられるので、その点はよく注意していく必要があるかもしれません。でもレースに行くと、折り合いを欠くことなくスムーズに運ぶことができましたし、最後もしっかり脚を使って伸びてくれました。初戦はダートで結果を残したように、芝でもダートでも活躍できると思いますが、砂を被って嫌がるところを見せていましたから、それを考えると芝の方が良いのかもしれませんね。今日は完勝だったと思いますし、もっと上のステージで活躍できる力を持っている馬ですから、今後が本当に楽しみですね」

手塚貴久調教師「完勝でしたね。直線で抜け出すのが少し早いかなとも思いましたが、そこからステッキを入れずに勝つのですから、今日は内容的にも言うことなかったと思います。初めての芝でしたがスッと好位を取れたように思ったよりも器用さがありますし、パワータイプの馬体からすると力の要る馬場も苦にせず走ってくれそうですから、今後に向けて楽しみが広がる一戦になったと思います。脚元のこともありますし、この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ